キルティング加工の外見から中綿コートと間違われてしまいがちのコートに、「ダウンコート」があるでしょう。ダウンコートとはその名の通り、ダウン(水鳥の胸周辺のふかふかした毛)がコートの中に入っているもので、その商品によってダウンの量や種類は違います。中綿に比較して暖かさも値段も全く異なりますので、注意してください。クリーニング代も高くついてしまいますが、最近では上手に家庭用の洗濯機で洗っている方も多くみられます。ダウンコートは存在感のあるボリュームで、それなのにとても軽いのが特徴です。ショート丈で着るととても可愛らしく着こなせますし、ロング丈だと冬の寒さを忘れさせてくれるくらいの防寒効果が期待出来るコートです。 スーツの上から羽織る定番のロングコートと言って思い出すのが、「トレンチコート」ではないでしょうか。トレンチコートは元々、第一次世界大戦のイギリスの軍用野外向けコートとして開発し、使用されていました。雨や風、そして、寒さをしのぐ為に密度の高い生地を使用して防水性を強め、長期戦にも堪えられるよう作られています。水筒や手榴弾などを付けるリング、収納効果の高い大きなポケットが付いている等、機能性が重視されているのも特徴ですね。丈の長さは膝の辺りまでの事が多く、ウエストベルトが付いています。トレンチコートは、男性の冬のファッションとして定番のコートだと言えるでしょうー